リフォームするなら考えたい「バリアフリー」 段差を解消、ドアは引き戸に

それなりに年令を重ねてくると今の家をリフォームすることも考えないといけません。

それで、リフォームするならバリアフリーがいいと。

確かに。

階段や段差があれば運動になるだろうという考えもありますが、現実的にはその段差が命取りということもあるう。

管理人などは、今はまだ大丈夫ですがそれでも身体が疲れていたらもう階段は無理とか思うし。

自分の父親のことを考えると最晩年は2階には上がってきませんでした。

そもそも、2階まで上がってくるのが危険なんですよね。

足が弱ってましたからいつ転ぶかわからないし、下手をするとその階段の段差を超えることさえ出来なかったりする。

扉にしても、ドアだと前後運動が危険というのはよく分かります。

玄関はともかく、部屋の仕切りは障子や襖の方がいいのかなと思いますね。

年をとってくると運動になるならないなどと言っている場合ではありません。

本当に動くかどうか、という感じになりますから。