地方にある先祖代々の土地は、一刻も早く「売却」すべき理由

管理人もまさにこれ。

正直言って、田舎に土地がありますがまったくどうしようもありません。

その地区の役所に寄付できないかと聞いても、誰も欲しがらないと。

土砂の置き場にでも使ってくれと言ってもそれもいらないと。

ついにはそこに生えている木や竹が邪魔だから切ってくれと言われる始末。

固定資産税は安いですが、もういまさら戻って自分が住むこともない。

一昔前なら、そんな土地でも持っていたほうが良いだろうと思ってましたが、今は完全にお荷物なだけ。

売るに売れないし、売った先が産廃業者なんかだったら、近所迷惑にもなるし。

もうその周辺は住民が減って、空き家だらけになっている。

本当にどうしようもなくなっているわけです。

そしてそれが改善されることはないでしょう。

これから人工は減り続けるので。

管理人のような間違いをしないためにも、不要な土地や家は早めの処分をおすすめします。

不動産の処分、気になるのならこちら

イエウール